霊園・墓地の基礎知識 ~東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県~ コプセ コープの葬祭サービス コプセ葬

霊園・墓地の基礎知識

お墓を買うとは

墓地使用料

墓地は不動産とは違い所有権を買うのではなく、永代に渡って使用する権利 【使用権】 を買う事になります。
所有権を得たわけではないので、墓地を他人に貸したり、売却したりすることはできません。不要になった場合、墓石等の工事をしていた時は更地にして無償で返還しなければなりません。
使用権には期限がなく代々に渡って祭祀主催者が承継することになります。
所有権の取得ではないので、不動産取得税や固定資産税などの税金は一切かかりません。

墓石工事代

墓石には墓石本体・外柵・香炉など付属品の石代、それぞれの加工代・工事代が必要となります。基本的に石の種類・使用量・デザイン・加工の仕方等で価格が決まります。墓石工事代には消費税がかかります。

管理料

墓地にある施設の維持・管理に要する費用で毎年支払うことになります。 マンションなどの管理料と同じで、墓地の共用部分に関する維持・管理となります。
個人の区画の管理を行う費用ではありませんので、管理料を払ったからといって自分の墓域の清掃まではしてもらえません。
管理料は永代使用権を得た時点から発生する為、納骨や墓石工事が済んでいなかったとしても支払う義務があります。管理料には消費税がかかります。墓地を良好な状態で維持管理するために、物価の上昇に伴って管理料が値上がりすることもあります。

TOPに戻る

お墓の種類

公営墓地

都道府県や市区町村が管理・運営する墓地で、宗旨宗派を問わないが求める際にいくつかの資格・条件を満たす事が必要で、募集期間も決められており、供給数が少なく抽選になることもあり、場所も自分で選べない場合が多いです。

寺院墓地

寺院が管理・運営する墓地で、その寺院の壇信徒となることが必要です。法要などを本堂や斎場で営め、頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれます。また永代供養をしてくれる寺院もあります。

民営墓地

公益法人(財団法人や社団法人など)や宗教法人などが管理・運営する墓地で、宗旨・宗派を問わない所が多いですが、墓地によって違いがありますので求める際に確認が必要です。ほとんどの場合、墓地の大きさや場所が自由に選べます。

共同墓地

上記の形態以外で、お墓に関する法律ができる前から数件の世帯で構成した墓地で、小さな地域団体で管理・運営を行います。現在では勝手に共同墓地を作ることはできません。

TOPに戻る

指定石材店制度

墓地には開発の為の多額な資金と開発・管理に伴うノウハウが必要となります。そのため墓地を経営する宗教法人・公益法人は経営ノウハウや資金が豊富な石材店と一緒に開発を行います。
その石材店が指定石材店となります。指定石材店は墓石工事・墓地使用権の販売代行まで行います。
また、建墓後も納骨や修理などで末永いおつきあいとなりますので、信頼の置ける石材店を選ぶことが大切になります。
コプセでは信頼と実績のある石材店と提携をしていますので、安心してお任せください。

TOPに戻る

宗教・宗旨・宗派について

宗 旨

仏教用語で宗門の中心となっている宗教のこと。仏教、神道、キリスト教など。

宗 派

同一宗教の中での分派。仏教の主な宗派は法相宗、華厳宗、律宗、天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、時宗、融通念仏宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗。

宗旨・宗派不問/宗教不問

どのような宗教であってもかまいません。宗旨・宗派を変える必要はありません。

在来仏教

仏教の宗派であれば良いものです。また、檀家になる必要はなくても、法要は寺院や霊園の指定したやり方で行うことが条件になっていたり、自分の宗派のお経をあげてもらえない場合や、懇意にしているご住職に頼むことが出来ないなどの制約がある場合もありますので注意が必要です。

要入壇

寺院墓地に多く、墓地購入前の宗旨・宗派は問いませんが、購入後は墓地を管理する寺院の檀家になることが条件となっています。その際に入壇料が必要になる場合もあります。

TOPに戻る

TOPに戻る

前のページに戻る

霊園・墓地の基礎知識:コープの葬祭サービス コプセ -東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県-

葬儀・寝台自動車受付 年中無休24時間:フリーダイヤル 0120-756-120(ご相談受付 9:00~18:00)
©2006~ 株式会社コープサービス コプセ葬